私たちは、原則として何らかの健康保険に加入することになっています。
保険診療では保険が適用され、治療費の3割(1割の方もいます)の自己負担で治療が可能になります。しかし、保険診療には枠が決められており、枠の中に入らない手術や技術・薬・材料などもたくさんあり、非常に制限のある診療になっています。その為保険診療ではある程度の見た目や噛み心地までしか得られません。

一方、自費診療ではそのような制限がなく、さまざまな選択肢のなかから患者様のご要望に合った素材・治療法が選べるので、自分好みの見た目や噛み心地が得られます。歯の審美性や機能性を重視した多くの治療がこの自費診療になります。
ここでお伝えしたいことは、単純に保険診療=安い 自費診療=高いということではないということです。

確かに、保険診療では、制限があるにせよ費用を抑えることが出来ると思います。自由診療は素材が高いだけではなく、高度な医療行為を行うための教育(技術と熟練)はもちろんのこと、設備や器具に至るまで最新のものを備えているということです。

当クリニックでは、上記の内容をふまえて、治療の選択の幅を広げて治療方針を決めていく時や、治療期間中に患者さんに各々のメリットとデメリットをご説明したうえで無理に自由診療をすすめるのではなく、患者様の症状やご希望、ご予算などに合わせて最適な治療方法をご提案いたします。

当クリニックでは、なるだけご自身の歯で楽しく健康に過ごして頂ける様努めております。しかしながら、ご自身の歯が維持できなくなった場合に、入れ歯をお作り致します。
お口の中の感覚は敏感で繊細なものです。お作りした入れ歯が患者さんに喜んで頂ける様に、最善を尽くし「装着した時の痛み」「入れ歯がすぐ外れる」と言った事のないよう患者さんとコミュニケーションを図って制作しております。
当クリニックでは、保険の入れ歯も自費の入れ歯も患者さんが喜んで頂ける様誠心誠意心をこめて作製に努めてます。
目立たない入れ歯
目立たない入れ歯とは、金属のバネを使わず素材の弾性で歯ぐきにフィットする、快適で体と心にやさしい入れ歯です。
部分入れ歯をお使いの多くの方を悩ませている「金属のバネ」がないので、見た目がとても自然。パッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。
友人やお会いする人に入れ歯だと気づかれたくない方におすすめいたします。
また健康な歯を削る必要がなく、素材が軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないため、非常にお口にフィットした入れ歯であるということが言えます。
今までたくさんの患者さんが入れ歯をしていることで、「話しづらくなる」や「人前で笑いにくくなる」などのお悩みをお聞きしていましたが、「金属のバネ」のない、入れ歯にかえることで悩みが無くなり、気持ちも晴れて人とお会いしてお話しするのが楽しくなったというお声をいただきます。
目立たない入れ歯のメリットとデメリット
メリット
綺麗な仕上がり

大きくお口を開けても入れ歯だと分からないほどの自然で美しいお口に仕上がります。

はずれにくい

素材が軽くて軟らかいため、お口にフットして入れ歯がはずれにくい。

割れにくい

落としても割れないくらい丈夫に出来ているので、滅多に割れることはありません。
デメリット
保険がきかない

金属のバネのついた入れ歯の場合は、保険診療になるのですが、目立たない入れ歯の場合は、自費診療になるため保険が効かず、保険診療の入れ歯より高額になってしまいます。

使用出来ない場合がある

残っている歯の状態によっては、使用出来ない場合があります。
ホワイトニングとは、飲食や喫煙などにより着色した歯を、削らずに白くする治療です。 口元の印象を若々しくするとともに、健康的な白い歯は好印象を与えます。
ホワイトニングのメリットは何と言っても歯を白く出来る事です。 歯を削るのではなく歯の表面に薬剤を添付して施術しますので歯へのダメージや心理的な不安が比較的少ない治療と言われています。
ホワイトニングには、オフィスホワイトニング「歯科医院で行うホワイトニング」とホームホワイトニング「自宅で行うホワイトニング」とその両方のデュアルホワイトニングがありますが、当クリニックではホームホワイトニングを行っております。


ホームホワイトニングの使用イメージ
ホームホワイトニングの流れ
1. インフォームドコンセント

患者さんに対してホワイトニングに関する治療方針や質問疑問に
お答えして施術に対して同意を得ます。

2. 歯面の清掃

歯面研磨ペースト「プレティオン・PTCペーストファイン」などを
用いて誌面清掃を行います。

3. 作業模型のトリミング

患者さんの全額の模型を準備して、上下顎どちらも中切歯の歯軸が
床と垂直になるようトリミングします。

4. マウストレーの成型

マウストレーの素材を模型にあわせて素早く成型を行います。

5. マウストレーのトリミング

患者さんの口腔内にあわせてトリミングします。
ホームホワイトニングに向かない人
ホワイトニングは、比較的安全な施術ですが、歯の状態や健康状態によっては効果が得られない場合があります。
ホワイトニング剤は健康な歯には無害ですが、むし歯や歯周病などの歯にはかえって悪化させる可能性があります。
また、ホワイトニングは自分の歯が前提になりますので差し歯や入れ歯などの人工歯には効果がありません。
その他、これまで問題が起きたという症例はありませんが妊娠中の女性は、薬剤を用いる施術なので万が一のことを考えて避けた方が良いと考えております。

ホワイトニングに関する質問疑問などお気軽にスタッフまでご相談下さい。
予防歯科とは、むし歯などになってから歯医者さんで治療をするのではなく、むし歯になる前に歯医者さんで定期健診などを受けて、積極的に自分の歯とお口の健康を大切にする事です。
その為には、歯科医院などでの歯みがき指導や予防処置と言われるプロケア(プロフェッショナルケア)と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいて自分で行うた毎日のセルフケアの両方で、予防歯科を実践することが、大切なのです。
一生自分の健康な歯とお口でいるためにも予防歯科に取り組んでいきましょう。
予防歯科のポイント
フッ素を口の中に残す

フッ素は骨を作るために欠かせない役割を果たしており、むし歯予防にも高い効果があります。エナメル質の修復を促進や歯の質を強化しむし歯の発生と進行を防ぎます。

具体的には、フッ素配合入り歯みがき剤を使いましょう。歯みがき後は少量の水をお口に含み、5秒程度1回すすげば十分です。

歯垢を残さず落とす

歯垢は、歯の表面に付着して増殖する細菌のかたまりです。むし歯や歯周病、口臭などの原因となります。歯垢は粘着性が強く、うがいでは取り除くことができません。特に奥歯の噛み合わせ面や歯と歯の間などの磨き残しに注意が必要です。

具体的には、自分に合った歯ブラシを選ぶことが重要です。また、歯と歯の隙間には、デンタルフロスを使うと効果的です。院内でも販売していますのでお気軽にスタッフまでご相談下さい。

細菌を増やさない

お口の中で細菌が増殖すると、むし歯などのトラブルの原因となる歯垢が生成されます。
具体的にはデンタルリンスを使用すると殺菌成分がすみずみまで行き渡るので、細菌の増殖を抑えることができます。
PMTCについて
最近よく耳にすると思いますPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、簡単に説明すると、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

PMTCの効果

むし歯の予防…
目に見えないほど小さな細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去します。
再付着を防ぎ、むし歯を予防します。

歯周病の改善及び予防…
歯肉がひきしまることで、歯周病、歯肉炎の改善や予防にもつながります。

審美性の効果…
タバコのヤニやコーヒーなどの沈着した色素を取り除き、本来の潤いのある歯戻し、歯をピカピカにしていくので汚れを付きにくくします。

こんな人におすすめ

・ 治療ではなく歯みがきの手伝いをしてほしい人。

・ 歯周病治療が終わっている人。

・ かぶせ物やブリッジがある人。

・ お口をスッキリさせたい人。

・ タバコのヤニやコーヒーなどの着色が気になる人。

・ 息が気になる人
PMTCの流れ
1. 受付

お電話でご予約をお取りいただきご来院頂きます。

2. 問診

担当歯科衛生士が、口腔内の気になることなどをお伺いします。

3. 検査


問診をもとに今の歯の状態を丁寧にチェックします。

4. 開始

専門の機械を使ってクリーニングを行います。

5. 終了

仕上げ磨きが終了したら担当歯科衛生士が今後の歯みがきの注意点などアドバイスをいたします。

PMTCに関する質問疑問などお気軽にスタッフまでご相談下さい。
当クリニックでは、矯正治療を受ける患者さまが、「より安全により確実に」治療を受けて頂ける様日々スキルアップに努めております。
それと同時に「患者さんの気持ちになる」と言うことを最も重要視しています。
矯正治療には長い期間を必要とするため、患者さんの治療に対する思いや決意を尊重し、また治療途中の患者さんの不安や疑問を取り除くためにも、スタッフ一同気を配りご質問には納得なされるまで丁寧に説明させて頂きます。
治療途中で嫌にならないかな? 見た目はおかしくないかな? 痛みは? 費用は?など治療される上で色んな不安があると思います。少しでも気になったらお気軽にスタッフにご相談ください。
矯正歯科治療の流れ
1. 初診相談

初診時に、お口の中の状態を確認します。その後カウンセリングの中で、大まかな治療方針、期間、費用、装置や治療方法などについて説明をし、患者さんの不安や質問にお答えします。

2. 検査

レントゲンや口腔内写真また歯型などをとりかみ合わせを調べます。どこが悪いのかまたどうしたら良くなるのかを検査します。

3. 診断

検査結果をもとに改めて治療方針のご提案を行います。そのうえで患者さんのご意向もうかがって、治療方針を決定いたします。

4. 治療

矯正装置をつけて歯の移動を行います。
期間に関しては、患者さんの状態などによって異なりますが1ヶ月に1回の来院でおおよそ2年前後かかります。また1度の来院での治療時間は処置内容により、15分から90分程度かかります。

5. 保定

移動が終わった歯の歯並びを安定させるために3ヶ月~6ヶ月に1度の来院でおおよそ2年前後通院していただきます。
目立たない矯正装置
当クリニックでは、「矯正装置が目立たないか気になる」といった患者さまのご希望に合わせて、従来の矯正装置に加え 、幅広い素材の矯正装置を取り扱っております。
歯の色に近いもの(セラミックやジルコニア)や半透明のものに変えることで目立たなくする矯正装置にすることが出来ます。
セラミックブラケットなどは、良く歯に馴染み耐久性にも優れています。また、金属アレルギーの方にも安心して使用できます。
ご要望などを総合的に判断して最適と思えるものをご提案し、患者さんのご希望にあった矯正装置を選んで頂いております。 
従来の金属製のブラケットより費用はやや割高かになりますが、矯正期間などはほとんど変わりません。 まずは、初診相談時にお気軽にご相談ください。
本城駅前歯科クリニック
住所:北九州市八幡西区千代ヶ崎
1丁目15-5
電話:093-601-2800
FAX:093-601-2800
最寄駅:JR若松線 本城駅
交通アクセス:JR若松線 本城駅
より徒歩3分